このページは完全架空のものであり、実際の地名、駅名、団体とは一切関係ありません。また、このサイトの閲覧によって生じた損害には一切保障できません

中鉄電車-車両紹介

(仕様凡例)

[S] ATS-C装備  [C] CS-ATC装備 [ア]アルピコ入線装備 [地]名古屋市営桜通線保安装備

誘-誘導無線(IR)通話機装備

▲勾配対応(抑速装備) ◆重度耐雪対応(新潟線入線要件)

3d-3ドア 2d-2ドア セ-セミクロスシート設置


(特急型)12400系

所属:松本車両管区本区ほか

仕様:[S] [C] [ア]  ▲ ◆ 誘

運用:松本線・諏訪線・浜松線等

 

解説

12400系は汎用特急車両として登場した車両です。

2両編成と4両編成を組み合わせて最大10両編成で運転します。「ちくま」以外の各種特急で使用されており臨時列車などにも充当されます。前面には車体格納式の幌と自動解放装置が装備されています。   


(一般型)6000系

所属:東山車両管区安城検修区(蟹江駅常駐)

仕様:[S] [C] [地]  誘

運用:一ノ宮線・八田線・桜通線・南名古屋線等

 

解説

6000系は地下鉄桜通線直通用に作られた車両で、5両編成または6両編成で運転します。おもに地下直通運転を行いますが、予備編成を浜松線と共有する為、南名古屋線~浜松線でも運転されます。ホームドアのある駅でもラインカラーが分かるようにドア横に赤いパターンが施されているのが特徴です。


(一般型)1600系

所属:東山車両管区本区・安城検修区

仕様:[S] [C]

運用:松本線・浜松線・高蔵寺線・半田線等

 

解説

1600系は、6000系の設計を基に名古屋近郊の旧型車両を置き換える目的で導入されました。車体は6000系と同様ですが、増結が多い松本線や浜松線の優等列車の運用も想定された為、自動解放装置を装備しました。6両編成と8両編成があり、他形式との連結の為のブレーキ読替装置を各先頭車両に搭載しています。勾配未対応の為、十二兼駅以北には入線できません。


(近郊型)2000系・2200系

所属:東山車両管区・松本車両管区・浜松車両管区

仕様:[S]  ▲

運用:松本線・木曽線・新潟線(中野沢以南)等

 

解説

2000系は、松本線の中長距離急行列車用として導入されました。3ドアセミクロスシートとし、スノープラウと耐寒設備を搭載。2両編成と4両編成があり、他形式との連結の為のブレーキ読替装置を各先頭車両に搭載しています。重度耐雪未対応の為、中野沢駅以北には入線できません。2200系は2000系の界磁チョッパ制御に対してVVVFインバータ制御になっており、現在はこちらの方が多数派となっています。


(近郊型)2400系

所属:東山車両管区・松本車両管区

仕様:[S]  ▲

運用:松本線・木曽線・新潟線(中野沢以南)等

 

解説

2400系は、2000系の置き換え用として登場。編成は4両編成のみとなっています。制御装置にはIGBT素子のVVVFインバータを採用したほか回生電力を蓄電し登坂時にアシストする機能を搭載しました。車内は中間車がセミクロスシートで先頭車両はロングシートとなりました。


(機関車)E50型

所属:中部車輌製作所・松本車両管区・野沢機関区

仕様:[S] [C] ▲ ◆

運用:新車回送・工場入出場回送・除雪運転など

 

解説

E50は、旅客車両を牽引する目的で製造された電気機関車です。主に中部車輌での新車落成時の輸送や名古屋工場への入場回送を牽引するほか、冬季には除雪運転も行っています。車体の帯色が緑色は中鉄所有、オレンジ色は中部車輌所有となっており、中部車輌所有機は新車輸送専用となっています。

※準備中